2014
12.17

頭痛の話

Category: 雑感
夢を見ていた。
病院で入院していてひどい頭痛がして看護士さんに頭痛薬くださいって言ってる。
しかし、看護師さんは熱を測れと体温計を差し出す。
仕方なく熱を測るが7度3分。大した熱じゃないから薬は出せないという。
頭痛と熱は関係ないと思うけど。
何でもいいから薬が欲しいって懇願している私。

そこで目が覚めたらひどい頭痛がしていた。
夜中の3時だ
これじゃとても寝られないので起きて薬を飲む。

私は頭痛持ちだ。
もう何十年も頭痛とお付き合いしている。
若いころはものすごくひどくて近くで人がはなしするのさえ頭にひびくくらいだった。
薬を飲んでも中々効かず、1日何回も飲んでた覚えがある。

しかし年とともに痛みも軽く、というかお付き合いが長いと薬を飲むタイミングもわかり、あまりひどくならないうちに飲むとそれ1回だけですう~っとなおる。

かかりつけ医で毎回処方してもらうのはいやなので、この薬だけは市販薬を買っていつも手元に置いている。

ところで今朝は非常に寒い。
夜中風が吹いてたから雪かなって心配してたけど雪は降ってないようで安心した。
あちこちで大雪、猛吹雪、大変です。
スポンサーサイト

コメント
頭痛の夢を見て目覚めたら本当の頭痛だったのですね
私も以前はよく頭痛になりましたが
最近は頭痛知らずです。コナミの運動がいいのかな?
今日は寒いですね
さすがの私もコナミから帰ってから
エアコン付けて炬燵の入っています。
sakkodot 2014.12.17 22:08 | 編集
若いときよりはずいぶんましになりました。
寒いと運動もできませんね。
sakkoさま~dot 2014.12.20 07:35 | 編集
夢と現実がしっかり結びついていたんですね。
病気に寄り添って上手に薬を使えるようになったようですが
長年の辛さを感じますよ。
zenpeichandot 2014.12.20 12:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top