2008
08.28

作品展

Category:
長いようで短いようで、やっぱり短い2年間、大学生活が終りました。
昨日から3日間2年次の作品展が行われています。
陶芸学科は陶芸作品。
文芸学科は俳句や和歌を墨で描いて展示。
他の学科は授業中にならった折り紙細工やら、訪れた先の写真展示など。
自慢じゃないけどわが園芸学科が一番盛大というか盛況というか見栄えがしますエッヘン
いくつかの作品を紹介してみましょう。
5
恥ずかしながらこれはすももの作品。
昔いただいた信楽焼きの水盤に山野草を生けております。
暑い最中なので中々花がありません。
ウオーターマッシュルームで涼しさを狙っているのですが。
4.jpg

いろいろ触ってたらもとに戻らなくなっちゃって写真が変になってしまいました。
この容器を見てください。
これ、1本の竹でつくってあるんですよ。
お茶のときの茶センをイメージしたんですって。
真ん中のお花だけが入れ替えられるようになってます。
3.jpg
これも竹を途中で切って植え込み口を作ってますね。
2.jpg
こちらは正統派の石付けの菊の盆栽です。
昨年は小菊の盆栽作りを習ったんですが、今年はこの石付けの菊を習ったんですよ。
この方は昨年も非常に優秀な作品を出されましたね。
ちなみにすももの小菊はうまく形がつくれず失敗です。
1.jpg
これ面白いでしょ。
大きな太い木に小枝を四方からうちつけてこういう形を作ってます。
そしてそれぞれのてっぺんにコケダマが乗っかってます。
ここのロウソクでも立てるのかって冷やかされてましたが。

皆さんとっても工夫されてステキなものばかりでした。
卒業しても季節季節でこういうものを作りつづけていけたらいいな。
スポンサーサイト
Comment:6
2008
08.25

過ごしやすい季節に花も

Category: 未分類
随分過ごしやすい季節になりました。
朝夕は半袖では寒いくらいです。
あんなに暑かった夏が嘘のようですね。

お花も涼しくなるのを待ってたように咲き出しました。
メキシコヒマワリと名前が付いていました。
小型で可愛いです。
メキシコヒマワリ


続いた雨の影響かレインリリーが咲いています。
涼しいためかお花も元気です。
後ろからタマスダレも顔出しかけています。

レインリリー

ギボウシ咲き出しました。
ギボウシ


今一番勢力を示しているのはこの花です。
あんまり大きくなるとちょい迷惑なこともあるんですが、ここまでなら許しちゃいましょう。
この花は押し花にしても色が変わらないんだそうです。
鮮やかなオレンジですね。
キバナコスモス


チョコレートデージー
なにやら難しい名前が付いていましたが覚えられないので別名のこの名前で覚えましょう。

蕾もちょっと変わってて面白いですね
チョコレートデージー
チョコ蕾



グリーン綿が弾けてました。
仲を割ってみるとうすいグリーン色がわかります。
グリーン綿


サギソウがやっと咲き出しました。
今年はたくさんの花芽がついていてそろって咲きそうです。
毎日が楽しみです。
サギソウ



Comment:8
2008
08.18

秋の気配

Category: 未分類
昨夜は涼しかった。
何日か、いや何十日かぶりにクーラーも扇風機もつけないまま眠れた。
やっぱり秋だなあ。
この暑さを乗り越えて咲いてくれた花たち。
宿根ひまわり
園芸店で売られていたミニひまわりは見事に全滅したけれど、これは強いです。
宿根ひまわり

ハツユキソウ
夏なのに初雪とは  ですが、この白い縁取りの斑入りの葉っぱがなんとも涼しそうです。
花は小さな白い花が咲きますがあまり目立ちません。
これってこぼれ種で生えてきたんですよ。
花壇じゃない通路の固い土のところに。オマエは賢い奴じゃ。
ハツユキソウ

サクララン
今年は思いのほかたくさんの花が咲きました。
ピンク色の可愛らしい新芽も伸びています。
サクララン

ペニーロイヤル
花壇の通路の両脇に何かないかと思いお尋ねしたところ花友さんからこの挿し穂苗をいただきました。
春に挿したままあまりお世話もせず、時には踏みつけられたりかなり乱暴に扱われてきましたが、見てください。
この繁殖ぶり。
今はハサミをもってあまりに伸びたところを切っってまわっていますよ。
でも触るたびにいい香りがするんです。
ペニーロイヤル


Comment:6
2008
08.16

お盆も終って

Category: 未分類
やっと落ち着きました。
我が家の墓掃除からはじまり、お寺の墓地の掃除、先祖様のお迎え、我が家の仏壇の掃除からお迎えの準備、お供え物など。
14日にはお坊さんの檀家周りがあり、次の日には送って行きと何となく気ぜわしく落ち着かない日々でした。
やっとすべてが終って、もう秋なのに何と暑い日々でしょう。
今日は曇り、予報では午後から雨、3日ほど曇りか雨、気温も少しは下がりそう。

さてさてお花たち。

キバナコスモスは鮮やかなオレンジ色の花を咲かせているけれど、あの大好きなコスモス、大きく育ったまま立ち枯れ上体、花がつくてっぺんまでは栄養を吸い上げる力もなさそうでほぼ全滅です~。

お池のまわりにはミソハギがかなり繁殖、わが天下とばかりに元気です。
ミソハギ


そしてオモダカもお花をつけました。
オモダカ

花の咲かないアサガオ嘆いておりましたら今頃から咲き始めました。
アサガオ

今年はやっぱり暑すぎるんだ。
早々と咲いた花は枯れていき、じっくり様子を見ていた花たちはこれから咲きそうです。

オキウリちゃん。
あれほど芽がでないと言ってたらあちこちに顔出しています。
ただし、まだ花が咲かないからあの可愛いウリは見られないですね。
オキウリ


こちらは対照的に可愛い風船がたくさん出来ました。
フウセンカズラ


以前載せましたタマゴナス
真っ白いタマゴが黄色くなってきました。
ここからヒヨコが生まれてくるかしら、なんて想像しちゃいます。
触ってみるとまだまだ固いです。
いつまでこの状態が続くのかしら。
でもとっても可愛いから来年もいっぱい作っちゃおう。
といっても種はどこにどのようにできるのでしようね。
それも楽しみの一つです。
タマゴナス

Comment:6
2008
08.05

カラスウリが咲いた

Category:
からすうりの蕾
からすうり
からすうり花後

今年は昨年より少し遅れてカラスウリの花が咲きました。
これから毎日咲くでしょうが残念ながらカラスウリは一夜花。
蕾を見つけたらその日のうちに咲いてしまい、朝お日さまが顔を出すころにはすでにしぼんでしまいます。
ただ、花後の実がまた可愛いんですよ。
昨年も載せましたがよろしければこちらもご覧下さい。
開花の様子

池にはガガブタの花が咲き出しました。
ガガブタ

白い小さなお花です。

めだか

そしてなんと今年の暑さで死に絶えたと思ってたメダカが生きていました。
というよりたくさんの赤ちゃんメダカが泳いでいました。
見えるでしょうか。

3日、4日と京都府は美山町の自然文化村に行ってきました。
二日目は芦生の森の散策です。
森の中は静かで涼しくてネイチャーガイドさんに見守られながらしっかり自然を愉しんできました。
ただ、マムシが5匹とぐろをまいていたのは怖かったです。
逃げていくだろうと見守っていたのですが、逃げる様子もなく私たちが回り道をして生きました。
約1時間ぐらいの帰り道でも同じところにおりました。
ちょっと怖かったですね
Comment:8
back-to-top